借入する前に知っておきたい、総量規制のこと!

キャッシングについて調べていたら絶対に出てくる「総量規制」という言葉。
これって実はすごーく重要で、総量規制によって借入ができなくなる人が多いんです。

 

 

総量規制


つまり

  • 600万円の年収がある人なら、200万円までの借入が可能
  • 300万円の年収がある人なら、100万円までの借入が可能
  • 無収入の専業主婦なら、1円の借入もできない

ということになるのが総量規制という制度なんです。

 

昔は制限なく借入を認めていたために、返済能力がない人が多額の借入をしてしまい返済地獄に陥ってしまいました。
多重債務者が増えたために2006年に賃金業法を改定して個人の年収に見合った金額の貸付をする総量規制を定めたのです。

 

 

総量規制の対象になっているのは消費者金融のみ!

それなら無収入の専業主婦はどこからもお金を借りることが出来ないの!?

いいえ、総量規制の対象になっているのは消費者金融のみです。銀行からの借入なら問題なく出来ます!

 

そうなんです。
借入先には消費者金融と銀行の2種類がありますが、総量規制の対象となっているのは賃金業者の消費者金融のみです!

消費者金融

総量規制対象

無収入の専業主婦の借入不可

プロミス、モビット、アイフルなど

銀行

総量規制対象外

無収入の専業主婦の借入可

三井住友銀行カードローン、みずほ銀行など

 

銀行カードローンなら無収入の専業主婦でも借入ができます!

専業主婦

 

基本的に銀行カードローンなら無収入の専業主婦でも借入できます。
総量規制対象外なので、本人の年収は関係ありません。

 

また、配偶者貸付けをおこなっている銀行も多く、
配偶者に収入があれば借入ができることもあります。

 

配偶者貸付けについて

配偶者貸付け

 

多く銀行の場合、借入金額が200万円以上など高額にならない限りは配偶者の同意書や年収証明書は必要ありません。
旦那さんに内緒で借入したいと思っている主婦が多いので、これは嬉しいですね♪

 

 

TOPページに戻る